-世界が注目する琉球へ-

the world knows Okinawa's ocean


[琉球イラストレーション]与儀勝之 作

 

 

*後援、協力、協賛内容は随時追記予定です。



概要 | overview

 

名称:「KANAKA OKINAWA O2Y 2024」

 

趣旨:島嶼県沖縄の島々を人力で渡ることで人と人、島と島、過去の歴史と未来を繋ぎ人々に夢と希望を与える。SUP普及を通し自然環境保護と青少年育成に寄与する。

Purpose: By paddling cross the islands of Okinawa, an archipelago prefecture, we connect people to people, islands to islands, past history and future, and give people dreams and hopes. Contribute to natural environment protection and youth development through the spread of SUP.

 

O2Y WINTER | OKINAWA YANBARU、沖縄県名護市安部
【2024/1/19(金)】荒木珠里SUPクリニック
【2024/1/21(日)】スプリントレース、サーフテクニカルレース、SUPポロ大会および初心者体験会

O2Y WINTER | Nago City, Okinawa Prefecture
[2024/1/19 (Friday)] Shrimpy Araki SUP Clinic

[2024/1/21 (Sunday)] Sprint race, surf technical race, SUP polo tournament & beginner's fun game
 

O2Y SUMMER |  OKINAWA YORON、沖縄県国頭村 〜 鹿児島県与論町
【2024/6/28~30(金~日)】アイランドクロッシング、30kmダウンウインドレース

*賞金100万円 total prize 1 million yen
O2Y SUMMER | Kunigami Village, Okinawa Prefecture ~ Yoron Town, Kagoshima Prefecture

[2024/6/28~30 (Friday~Sunday)] Island Crossing, 30km downwind race 


O2Yとは? | what's O2Y?

O2Yは夏至南風(カーチバイ)の季節に琉球の海人たちが島々を渡った歴史を現代によみがえらせるレースです。O2Yの”O”はOkinawa、そして”Y”は隣の与論島(YORON)そして沖縄「やんばる(YANBARU)」地方の頭文字です。2021年私たちは沖縄と与論島間の約30キロを人力で海峡縦断するレースを実現しました。沖縄が日本へ返還され50周年の節目を迎え、むかし国境があった北緯27度線を越え“沖縄と世界を美しい海で繋ぐ” という願いを込めて実現した壮大な挑戦でした。私たちKANAKA沖縄は沖縄本島内で10年間に渡りSUPレースを主催運営しながら、この美しい沖縄の海で青少年育成に努めてきました。そして昨年2022年11月この島から史上最年少のISA/国際サーフィン連盟、SUP世界チャンピオン荒木珠里(当時16才)が誕生しました。同時に世界チャンピオンが育った海に行ってみたいという海外選手の声が上がるようになりました。このような背景で今年から私たちが暮らす「やんばる」で島外選手や地元の子供達が楽しみながら交流できるファンイベントを開催し海外選手の受け入れも徐々にスタートします。そして大自然溢れる美しい海と森を世界へ届け、この素晴らしい環境を楽しみながら守っていくメッセージを発信します。

SUPレースは将来オリンピックで種目化されると言われてるほど、今世界中で普及が進んでいます。周囲を海に囲まれた島嶼県沖縄にとってこれほど恵まれたスポーツはありません。これからもSUPと海を通して多くの子供たちが逞しく育ってほしいと願っています。

台風や諸事情により度重なる変更がつづき、皆様には大変ご迷惑をおかけしております。いつも笑顔で汗を流していただける地元ボランティアスタッフの皆さん、応援いただける漁業者や協賛各位、そして毎日厳しい練習を重ねる外洋パドラー無しにこのレースは到底実現することはできません。改めましてこの場をお借りして深く感謝申し上げます。今後もご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

KANAKA沖縄 O2Y実行委員会
レースディレクター・荒木汰久治


What's O2Y ?

O2Y is a special race for all Okinawan people that revives the history of the Ryukyu waterman crossing the islands during with seasonal summer breeze. In 2021, on the 50th anniversary of the return of Okinawa to Japan, we hoped to cross the 27th parallel, where the national border used to be, to connect Okinawa and the world with beautiful seas, we have realized a race that crosses the strait with SUP paddling for about 30 km between Okinawa and Yoron Island. It was an epic challenge. 
We, KANAKA Okinawa, have been hosting and operating SUP races on the main island of Okinawa for 10 years. In the meantime, we have worked to spread SUP and educate children in the beautiful Okinawa ocean. And in November 2022, Shuri Araki (16 years old, native Okinawan) reached the glory of the youngest ever ISA SUP world champion in the history book.  At the same time, overseas paddlers began to voice their desire to visit Ocean, where world champions grew up.

Starting this year, we will be holding fan events in Yanbaru, where we live, where athletes from outside the island and local children can have fun and interact, and we will gradually begin accepting paddlers from overseas. We will deliver the beautiful ocean and forests full of nature to the world, and send a message to protect this wonderful environment while enjoying it.
Lastly, SUP racing has become so popular around the world that it is said to be included in the Olympics. Okinawa, an island prefecture surrounded by the sea, is blessed with no sport like this. We apologize for any inconvenience caused by repeated changes due to typhoons and other circumstances. Without the hard working local volunteers, the fisherman's family and sponsors, this race would not have been possible. Once again, I would like to take this opportunity to express my deepest gratitude.

KANAKA Okinawa O2Y committee/ race director
Takuji Araki

O2Y WINTER

surf tech, sprint, polo event
surf tech, sprint, polo event

O2Y SUMMER

Okinawa-Yoron island downwind crossing
Okinawa-Yoron island downwind crossing