O2Y

賞金総額100万円。日本初の海峡縦断パドルレース 2021夏ついに開催!!


名 称:O2Y『Okinawa to Yoron外洋縦断レース』

目 的:海洋スポーツの安全普及、および健全な青少年育成

内 容:SUP(スタンドアップパドルボード)による30km海峡横断レース

日 時:2021年6月26日〜7月4日のいずれか、気象の良いタイミングで

場 所:沖縄県国頭郡国頭村安田ヶ島〜鹿児島県大島郡与論町

主 催:チームKANAKA /カナカ沖縄O2Y実行委員会

後 援:沖縄県、与論町、与論町教育委員会、NHK沖縄放送局、(鹿児島県/申請中)

協 力:国頭漁業協同組合、与論町漁業協同組合、与論町観光協会、SEABIRDZ-STUDIO、琉球イラストレーション与儀勝之、与論町B&G海洋センター、B&G与論海洋クラブ、与論民俗村、ライブcafeかりゆし、楽園荘、沖縄テレビ、南日本放送、BLADE、

日本スタンドアップパドルボード協会(申請中)、他

協 賛:各社

 


O2Y(Okinawa 2 Yoron ) とは?

 

沖縄と与論島の約30キロを繋ぐ、日本初のアイランドクロッシング(人力で海峡を渡る)SUPレースです。 毎年6月末、沖縄に夏至南風(カーチーバイ)が吹くタイミングで開催します。毎年8月末にハワイで開催される世界最高峰のSUPレースであるM2O(Molokai to Oahu)の2ヶ月前、日本人の登竜門として世界のアスリートが競い合います。

 

また、2022年は沖縄が日本へ返還され50周年という節目の年として“沖縄と世界を美しい海で繋ぐ” というメッセージを込めています。

 

2021年はコロナ渦の中、運営体制の構築そしてPRを含めた前哨戦として参加選手を20名に限定し賞金レースを実施〔ライブ配信予定〕。2022年は規模を拡大し国内外からトップアスリート50~名を募り、賞金額を上げ本格的な世界選手権として開催します。

 


選手募集にあたっての諸注意事項:

O2Yは、約30kmの島と島を人力で渡る海峡縦断パドルレースです。気象条件によってレースの決行判断をする”ウェイティング方式”を取り入れ、なるだけ安全に、楽しく、ダイナミックな海でレースを開催致します。

選手は外洋の危険生物や海峡縦断の様々なリスクを承知の上、自らの意志により本大会に参加していただきます。

本レースへの練習会(事前シュミレーション合宿)を含む、当日までのトレーニングにおいて安全管理に十分な注意を払い、万が一体調や安全装備に異常が生じた場合、即座に中止し安全確保に努めていただきます。(レース中に途中失格となった場合は速やかに伴走船長の指示に従い船へ回収されていただきます。)

海況縦断パドルレースは、レース前後の準備と後片付けが特に時間がかかる、他に例のない特殊なイベントです。つきましては、なるだけ早い段階で選手を選考し、本番に向けたトレーニングと道具の準備へ取りかかって頂きたいと思います。なお、今後も諸ルールは今後も変更・追記される可能性が高いので、ルールの更新の際は随時KANAKA沖縄のFacebookページ[https://www.facebook.com/kanakaokinawa/]にてお知らせさせて頂きますので宜しくお願い致します。