O2Y 2021 official result

official MOVIE

official LIVE

ランキング表 / ranking


公式タイム、写真集 / official time & photo


O2Y 2021 公式タイム
O2Y 2021 公式タイム
海を渡った勇士 = KANAKAたち
海を渡った勇士 = KANAKAたち

「出航」


7月2日(金)O2Yの歴史が無事に始まりました。 10日にわたるウェイティング期間(風待ち)を経てようやくスタートを切ることができました。梅雨は明けたものの水蒸気で島が見えず、本当に難しいレースとなりました。

この日を迎えるまでにじっと積み重ねてきた準備の日々。いつも我が子に言い聞かせている海や自然への想い。どんなときも見守ってくれる祖先への感謝の気持ちを祈り、全員の気持ちが一つになって出航しました。

コロナの時代で中止、来年への延期も考慮せざる負えない状況に追い込まれることもありましたが、最後まで諦めず出航に至ることができました。日本初となる海峡縦断パドルレースを関係者全員が安全に笑顔で終えることができたことが何よりの収穫でした。これも趣旨に賛同していただける皆様一人一人からの暖かい寄付と、一緒に海を渡ってくれる家族、夢に向かって漕ぎ続ける選手仲間のお陰だと強く感じています。本当に多くの皆様に改めて心から感謝申し上げます。

来年は沖縄が本土復帰して50年周年になります。もともと国境が敷かれていた北緯27°線を人力で渡るこのレースイベントの意義は大変大きいと感じております。

今後とも御指導・御鞭撻の程どうぞ宜しくお願いいたします。

KANAKA沖縄 O2Y実行委員長 荒木汰久治

テレビ 新聞 / TV news paper


2021/7/9 南海日日新聞
2021/7/9 南海日日新聞

NHK / RBC琉球放送


O2Y(Okinawa to Yoron ) とは?


沖縄と与論島の約30キロを繋ぐ、日本初のアイランドクロッシング(人力で海峡を渡る)SUPレースです。 毎年6月末、沖縄に夏至南風(カーチーバイ・季節風)が吹くタイミングで開催します。毎年7月末にハワイで開催される世界最高峰のSUPレースであるM2O(Molokai to Oahu)の2ヶ月前、日本人の登竜門として世界のアスリートが競います。

 

またレース会場の北緯27度線は昔国境があった海です。2022年は沖縄が日本へ返還され50周年という節目の年として“沖縄と世界を美しい海で繋ぐ” という願いを込めています。

 

2021年はコロナ禍の中、運営体制の構築そしてPRを含めた前哨戦として参加選手を約20名に限定し賞金レースを実施。2022年は規模を拡大し国内外からトップアスリート40~50名を募り、賞金額を上げ本格的な世界選手権として開催します。

What is O2Y (Okinawa to Yoron)?

O2Y is the Japan’s first ocean-crossing SUP race for 30km, from Okinawa to Yoron Island. The race will be held every year in June when Southern seasonal winds blow strong. Athletes around the world gather to show their performance, just 2 months before the world prestige channel-crossing race – M2O (Molokai to Oahu).

O2Y is also held with our hope to connect Okinawa and the world in 2022, the 50 years anniversary of the Okinara reversion.

In 2021 under the pandemic, the race will be held small, only for limited 20 participants. In 2022, we will expand and expect 40-50 world-class athletes gathering from inside and outside of Japan. Winner prizes will increase, and O2Y will be one of the most competitive races in the world.