O2Y大会要綱

賞金総額100万円。日本初、海峡縦断パドルレース開幕!!



O2Y(Okinawa to Yoron ) とは?


沖縄と与論島の約30キロを繋ぐ、日本初のアイランドクロッシング(人力で海峡を渡る)SUPレースです。 毎年6月末、沖縄に夏至南風(カーチーバイ・季節風)が吹くタイミングで開催します。毎年7月末にハワイで開催される世界最高峰のSUPレースであるM2O(Molokai to Oahu)の2ヶ月前、日本人の登竜門として世界のアスリートが競います。

 

また2022年は沖縄が日本へ返還され50周年という節目の年として“沖縄と世界を美しい海で繋ぐ” という願いを込めています。

 

2021年はコロナ禍の中、運営体制の構築そしてPRを含めた前哨戦として参加選手を約20名に限定し賞金レースを実施。2022年は規模を拡大し国内外からトップアスリート40~50名を募り、賞金額を上げ本格的な世界選手権として開催します。

 

What is O2Y (Okinawa to Yoron)?

O2Y is the Japan’s first ocean-crossing SUP race for 30km, from Okinawa to Yoron Island. The race will be held every year in June when Southern seasonal winds blow strong. Athletes around the world gather to show their performance, just 2 months before the world prestige channel-crossing race – M2O (Molokai to Oahu).

O2Y is also held with our hope to connect Okinawa and the world in 2022, the 50 years anniversary of the Okinara reversion.

In 2021 under the pandemic, the race will be held small, only for limited 20 participants. In 2022, we will expand and expect 40-50 world-class athletes gathering from inside and outside of Japan. Winner prizes will increase, and O2Y will be one of the most competitive races in the world.


激励の言葉

Words of encouragement


笹 川 能 孝

一般社団法人笹川経済支援機構

 

 

” keep paddling ”

 

このたびは、日本初 “アイランドクロッシングレース”が開催されることを、主催者並びに応援者の方々に対して、心から御祝いを申し上げます。

とりわけ、日本オーシャンパドリング界の第一人者、荒木汰久治氏には、総合調整的な役割を担われ、記念すべき本競技が晴れて開催に至ったことに、日本国民を代表して御礼を申し上げます。 

1975年に沖縄返還復帰記念事業として、「沖縄国際海洋博覧会」が史上最大規模の特別博覧会として、開催がされました。この世界初の「海洋」をテーマにした博覧会には、350万人が世界中より来場されました。現在、その会場跡は“美ら海水族館”をはじめとする一大観光スポットとして賑わっています。

来年令和4年は、“沖縄返還50周年“という節目の日を迎えます。沖縄県民にとって、そして日本国にとって歴史的記念すべきこのタイミングに、今後大きな役割を帯びる新しいスポーツが登場してきたことに、私は大きな感動を覚えます。そのスポーツとは、「Stand Up Paddleboard」です。

通称「SUP(サップ)」は、ハワイを発祥の地とし、一枚のボードに人間が立ち、1本のパドルを漕いで水上を進んでいくスポーツです。今回は沖縄~与論島の外洋30キロを横断するという、かつてない日本初の競技です。正しく命がけの競技であり、厳しい自己鍛錬より手に入れた類まれなる身体的能力、そこに培われた強靭な精神力が求められることは言うまでもありません。また、刻々と変化する気象状況に応じて、動物的直感で決断を下す勇気、また人智が及ばぬ運も味方にしなければなりません。

そして、今後このSUPには、青少年の健全育成、地域コミュニティの醸成、国際親善などにも多くの人々に関心を抱かれることを期待しています。更には、「本来あるべきスポーツのあり方」、「人間性の復興」など様々な社会課題を解消することにも、このSUPが貢献することを私は切望します。

 本競技のご成功と共に、集えし人々の御家庭の限りなき御発展、御家族御一同の御健康、御長寿、御多幸を天下八百万神に御祈念申し上げます。

 

皇紀2681年6月吉日

 

一般社団法人笹川経済支援機構

理事長  笹 川 能 孝

 

 

keep paddling.

 

I would like to congratulate the organizers and supporters of the first "Island Crossing Race" in Japan.

On behalf of all the people of Japan, I would like to express our gratitude to Mr. Takuji Araki, a leading figure in the Japanese ocean paddling world, for his role in coordinating the event and for making it possible to hold this memorable event.

In 1975, in commemoration of the reversion of Okinawa to Japan, the Okinawa International Ocean Expo was held as the largest special exposition in history. This world's first ocean-themed exposition attracted 3.5 million visitors from all over the world. Today with the Churaumi Aquarium, the site of the exposition remains as a major tourist attraction.

Next year, the 4th year of the Reiwa period, will mark the 50th anniversary of the Okinawa reversion. For people in Okinawa as well as in Japan, it is a historical milestone, and I am deeply impressed that a new sport attached with the great values has emerged at this historic time. That sport is Stand Up Paddleboard. Also known as “SUP,” it rooted in Hawaii, a person stands up on a single board using a paddle to propel itself through the water. This year's event will be the first of its kind in Japan, as participants will be crossing 30 kilometers of open ocean between Okinawa and Yoron Island. Needless to say, it is a truly life-and-death sport requiring unparalleled physical ability supported by hard trainings which also nurture superior mental strength. They must also have the courage to make decisions based on their animal instincts in response to the ever-changing weather conditions, and they must also have luck on their side, which is beyond the reach of human wisdom.

From now on, I hope SUP will take important roles for healthy development of youth, the fostering of local community, and international goodwill. Furthermore, it is my sincere wish that SUP will help solving various social issues such as “true values of sports” or “revival of humanity.”

I pray to all the gods and goddesses for the best and success of this competition as well as for unlimited growth of the families of all the people gathered here, and for the health, longevity, and happiness of their families.

 

2,681st year of the Koki period (Japanese imperial year), June

General Incorporated Association, Sasakawa Economy Support Organization

Board Chairman, Yoshitaka Sasakawa


translation : Kyoei Sugimoto

Mick Di Betta

M2Oモロカイーオアフ海峡横断世界選手権、初代記録保持者

 

 

I first met Mr Takuji Araki on the Gold Coast Australia in 1997, where I was the head coach of the North Burleigh Surf Lifesaving Club.  Takuji had come to learn surf lifesaving skills and English.  He came back annually for a few years and showed improvement every year.  He encouraged many other young Japanese to come and learn, improve their surf skills and knowledge of the ocean. 

Takuji, from a very young age, had all the desire to learn and teach, waterman skills to fellow Japanese and was extremely passionate about Japan becoming an island country full of ocean enthusiasts. Takuji is today recognized among the world’s elite craftsman in ocean waterman skills. He has assisted, not just many young Japanese to become athletes at the elite level but has put Japan on the world stage as a country that produces talented water people.

Takuji has travelled the world to compete in the biggest races and has been back to Australia many times to compete and continue to enhance his elite skills.  He always brings some of his fellow countrymen to experience our culture.   Through his passion for Hawaii, Hawaiian culture and their World Class Ocean races, he has brought this culture to Japan to allow more of his countrymen to experience these conditions and style of racing that they can chase their whole lives.

The “Island Crossing Race” between Yoron island and Okinawa, a 30km crossing, is a world class open ocean racing course, similar to the World Championship race held in Hawaii each year, between the islands of Molokai and Oahu.  M2O was the race that put ocean paddling on the map back in 1997.  I know the “Island Crossing Race” will become a race that reflects all the hard work and time Takuji has dedicated over his lifetime and make Japan a country of even prouder waterman.

 

Mick Di Betta

M2O Prone Paddle Board, The First Record Holder

www.justpaddling.com / 2 x 2 Progression Training

 

 

私と荒木汰久治との出会いは、1995年にオーストラリアのゴールドコーストで、私がノースバーレイ·サーフライフセービングクラブのヘッドコーチをしていた時だった。汰久治は、サーフライフセービング技術と英語を学びに来ていたんだ。彼は数年間、毎年戻ってきて、そのたび進化した姿を見せてくれた。そして、彼は他の多くの日本の若者たちに、サーフ技術や海の知識を向上させるために学びに来るように勧めていた。

汰久治は、とても若い頃からウォーターマンの技術·精神を学び、そして日本の同志に伝えるという欲望をもっていた。そして、日本を海に熱狂的な人で満たされた島国にすることに並々ならぬ情熱を傾けていた。現在では、汰久治は世界中のウォーターマンの中で知られる存在になっている。彼は多くの日本の若者がエリート(世界)レベルのアスリートになることを支援しただけではなく、日本を優秀なウォーターマンを輩出する国として世界の舞台に立たせたんだ。

汰久治は、世界中のビッグレースを転戦し、オーストラリアにも何度も戻ってきて競技に参加し、エリートとしてのスキルを高め続けてきた。彼はいつも何人かの同志を連れてきて、私たちの文化を体験させてくれた。ハワイとハワイアンカルチャー、そしてワールドクラスのオーシャンレースへの情熱を通して、彼はその文化を日本に持ち込み、よく多くの同志たちがそんな環境と、一生をかけて追いかけることができるレース(ライフ)スタイルを体験できるようにしたんだ。

与論島と沖縄を結ぶ30㎞の「アイランド·クロシング·レース」は、毎年ハワイで開催されるモロカイ島とオアフ島を結ぶ世界選手権レースと同様の世界一流の外洋縦断レースだ。M2Oは、1997年にオーシャンパドリングを世に知らしめたレースである。

私は知っているんだ。今回の「アイランド·クロシング·レース」が、汰久治の生涯をかけた努力と時間を反映したレースになり、そして日本をより誇らしいウォーターマンの国に高めることを。

 

ミック·ディ·ベッタ

M2Oプローンパドルボード、初代記録保持者

www.justpaddling.com  2 x 2 プログレッション·トレーニング


実施要綱


 

名 称:O2Y『Okinawa to Yoron外洋縦断レース』

 

目 的:海洋スポーツの安全普及、および健全な青少年育成

 

内 容:SUP(スタンドアップパドルボード)による30km海峡横断レース

 

日 時:2021年6月26日〜7月4日のいずれかの週末、気象の良いタイミングで

 

場 所:沖縄県国頭郡国頭村〜鹿児島県大島郡与論町

 

主 催:チームKANAKA /カナカ沖縄O2Y実行委員会

 

後 援:沖縄県、鹿児島県、与論町、与論町教育委員会、NHK沖縄放送局

 

協 力:中城海上保安部、奄美海上保安部、国頭漁業協同組合、与論町漁業協同組合、一般社団法人ヨロン島観光協会、鹿児島県大島支庁沖永良部事務所、マルエーフェリー(株)、マリックスライン(株)、与論徳洲会病院、スキンダイブYORON、与論サーフィン連盟、与論カヌー連盟、(有)有村運送店、(株)龍野運送店、B&G与論海洋クラブ、琉球イラストレーション与儀勝之、Kazuhiko Gushiken Photography、RBC琉球放送、(株)北部港運、学校法人琉球リハビリテーション学院、MBC南日本放送、BLADE、Standup Paddle Premium League、有村酒造(株)、ARENA、SAILFAST、NO FEAR、若尾会計事務所、TACKカヌーワークス、いしぐふう、(株)コクバヤサン、Tee-chi、(株)K-corporation、solve、MAXimedia、(株)マリンワークス、(株)グッドワン、与論民俗村、かりゆしバンド、SEABIRDZ-STUDIO、虎の穴、ヨロンスカイサービス、oltana、楽園荘、(有)佐藤林業、LIBERTY FORCE、Cenaka(株)、(株)オプトリンクス、(有)トップマリン、松浜荘、ブルースカイ

、【special thanks:MICK DI BETTA(M2Oプローンパドルボード初代記録保持者)、笹川能考(一般社団法人笹川経済支援機構)、藤山邦子(サンマリノ共和国大使館特別顧問)】

 

賞 金:総額100万円

Race Information

Race Name: O2Y “Okinawa to Yoron Ocean Crossing Race”

Purpose: To diffuse importance of ocean-sports safety as well as to hope children’s healthy growth

Race: 30km ocean-crossing race by SUP (stand up paddle) board

Date: Between 6/26/2021 and 7/4/2021, selecting the best weather condition

Place: From Kunigami town, Okinawa prefecture to Yoron town, Kagoshima prefecture

Organizer: Team Kanaka / Kanaka Okinawa O2Y Committee

Support: Okinawa Prefecture, Yoron Town, Yoron Town Board of Education, NHK Okinawa, Kagoshima Prefecture)

Cooperation: Kunigami Fishing Co-op, Yoron Fishing Co-op, Yoron Tourism Association, Seabirdz-Studio, Ryukyu Illustration Masayuki Yogi, Yoron B&G Ocean Center, Yoron B&G Ocean Club, Ryukyu Rehabilitation School, MBC Southern Japan Broadcast, BLADE, Standu Paddle Premium League, etc.

Prize: Total 1,000,000 Japanese Yen (as of Feb 2021)

 

開催日時

 

・第1案:2021年6月26日〜6月27日(土日)

・第2案:2021年7月3日〜7月4日(土日)

 

・2021年6月19日(土)12:00に発表します。

参加費 

 

・40,000円/人

 

定員

 

・コロナ禍の今年は選手上限をおよそ20名に限定して開催いたします。

 

部門

 

・SUP 14ft.(男)

・SUP 14ft.(女)

・Prone paddle board 12ft.(男)

・Prone paddle board 12ft.(女)

・SUP foil(男女共通)※exhibition/模範試合

 

・伴走船の数が限られる今年においては、安全管理上の理由でSUP foilはexhibition/模範試合とさせていただきます。

・exhibitionは全員がなるだけまとまって安全に海峡を渡ります。

 

表彰

 

・全部門の上位入賞者3名を表彰し、副賞を授与させていただきます。

・18歳以下のジュニア選手、また50歳以上のシニア選手は特別に年齢別表彰を設け副賞を授与させていただきます。

 

賞金

 

・exhibition以外の各部門(3名以上エントリー)の参加比率にあわせて分配させていただきます。

・すなわち参加選手が多い部門へ多く賞金を授与いたします。

・来期は勿論のこと、今年度につきましてもイベント当日まで更に賞金額を増やせるよう一層の努力をいたします。

 

エントリー

 

・本レースは日本で前例のない海峡縦断パドルレースです、そのため特別な安全規定と、審査基準を設けタイムを自己申告していただきます。そして書類審査にて選手選考します。

・選手選考は受付順で随時開始し、定員に達した時点で受付を締切らせていただきます。

・書類審査で改めてトライアルが必要だと判断された方に対して、O2Y実行委員が個別にトライアルを実施いたします。個別トライアルは関東/関西/沖縄で開催できるよう努めますので必ずご参加ください。

 

審査基準

 

・審査基準は、下記3点です。

 

・体 力 【平水10kmトライアル】

 

・SUP(男子)1時間15分 (1km 7分30秒)

・SUP(女子)1時間20分 (1km 8分00秒)

・Prone paddleboard(男子)1時間20分 (1km 8分)

・Prone paddleboard(女子)1時間30分 (1km 9分)

 

・技 術 【風速10M、波高1M以下で15kmダウンウインドトライアル】

 

・SUP(男子)1時間25~30分

・SUP(女子)1時間30~35分

・Prone paddleboard(男子)1時間40~45分

・Prone paddleboard(女子)1時間55分~2時間

 

・精神力 【2km以上離れた沖合で、週に3日以上トレーニングを積んでいること】

 

機材について

 

・安全管理の観点から、日頃から使い慣れた道具を使うことを大原則とし、当日に初めて使う道具は認められません。本番で使用する可能性がある道具は申込用紙に全て事前申告してください。

・SUP foil部門は板の長さは自由としますがマスト・ウイング・フュースラージの接続部に一切の破損・不具合が無いことをオリエンテーションで確認させていただきます。

 

サポートクルー乗船について

 

・選手の家族関係者のみ、選手サポートを目的に”サポートクルー乗船”を受け入れます。

・未成年の選手、初めて海峡横断をする選手は必ずサポートクルーを義務付けさせていただきます。

・サポートクルーとは、選手の準備や後片付けに常に側で寄り添い、そして選手と同じ時間に同じ海を渡ることで『海洋スポーツの安全普及、および健全な青少年育成』という、本大会目的の一翼を担う貴重な存在です。

・乗船申込は選手が申込用紙の推薦欄に記入していただきます。

・乗船中は船長指示に従っていただきます。伴走船は選手から一定の距離を保ち緊急事態発生時以外は選手の側に近づきません。

・与論到着後ゴールエリアまでの移動は主催者が手配いたします。

・サポートクルーは選手1名につき1名まで。乗船は有料となります。(料金は調整中)

・安全な運営管理上の理由から、他船舶での洋上レース観戦は原則としてお断りさせていただきます。

 

ファミリーSUPイベントのお知らせ

 

・海峡縦断の翌朝、与論島スポーツ少年団「B&G与論海洋クラブ」共催のもと、家族を対象としたSUPファンイベントを開催いたします。

・9時〜12時、場所は表彰式会場/茶花ビーチです。(*今年度はコロナ感染防止の目的で延期となりました)

・県外から来島した選手、サポートクルーの親御さん、また地元与論島の子供たち、幅広く家族関係者を募り初心者向けのパドル体験会と親子ファンレースを行います。

・O2Y選手の皆さんは、ご自身のパドル技術や海峡縦断への想いを是非とも地元の子供たちへ伝えて頂けましたら幸いです。

 

ライブ放送、メディア取材、SNS発信について

 

・本イベントは行政やテレビ局後援のもとに開催されますことをご理解下さい。選手は競技に支障が無い範囲でマスメディア各社からの取材にご協力いただけますようお願いいたします。

・現在レースをライブ配信するための準備を進めております。(ライブは確定ではありません)レース中に頭上をドローンカメラが飛行することがありますが、選手を邪魔するようなことが無いよう最善の努力を尽くします。放送されたライブ動画は後日一般公開されます。

・公式カメラマン数名が記録撮影します。写真の著作権は大会主催者へ帰属いたします。

・大会主催者が配信した動画や写真をSNS発信される場合は#O2Y, #KANAKA沖縄 ハッシュタグ付けのもとイベント周知へご協力をお願いいたします。 

Race Schedule

1st Candidate: 6/26 – 6/27 (Sat to Sun)

2nd Candidate: 7/3 – 7/4 (Sat to Sun)

The final judgement will be made on 6/19, 12PM.

Entry Fee

40,000 JPY, Nonrefundable

Participant Limit

20-25 atletes for the 2021 race due to the pandemic

Division

SUP 14ft Male

SUP 14ft Female

Prone paddle board 12ft Male

Prone paddle board 12ft Female

SUP Foil (Male, Female) *Exhibition

*Due to the limitation of support boats, SUP Foil will be exhibition in the 2021 race.

*Exhibition participants will cross the channel together.

Awards

Top 3 winner of each division will be awarded and receive prize.

Youth participants (18 years old and younger) and senior participants (50 years old and older) will be awarded and receive prize separately.

Prize

The total prize will be allocated to all divisions (except the exhibition) according to the participant volume. In other words, a division with more participants has higher prize.

For future races as well as the 2021 race, we do our best to increase the total prize.

Application

O2Y is the first ocean-crossing race in Japan. Therefore, we set special safety rules and qualifying standards and select participants who qualify for this Japan’s toughest race.

Selection starts first-come-first-serve basis and closes when 20 participants are selected.

Special O2Y trial race will be held for applicants who don’t meet the qualifying standards. The trial race will be held in Kanto, Kansai, or Okinawa region.

Qualifying Standards

We have the following 3 qualifying standards.

Physical Strength – 10km Flat-water Time Trial

SUP (Male): 1 Hour 15 Minutes (7 min 30 sec/km)

SUP (Female): 1 Hour 30 Minutes (8 min/km)

Prone paddleboard (Male): 1 Hour 20 Minutes (8 min/km)

Prone paddleboard (Female): 1 Hour 30 Minutes (9 min/km)

Skill – 15km Downwind Time Trial with <10 m/sec Wind and <1m Wave Height

SUP (Male): 1 Hour 25-30 Minutes 

SUP (Female): 1 Hour 30-35 Minutes 

Prone paddleboard (Male): 1 Hour 40-45 Minutes 

Prone paddleboard (Female): 1 Hour 55 Minutes – 2 Hours Mental Strength, Having ocean training (2km+ offshore) at least 3 days/week

Equipment

From the safety perspective, all participants require to use equipment which they accustom to use. A list of all equipment is required with an application.

For the SUP Foil division, there is no regulations for the board length, but all parts need to be confirmed no damage and no defect before the race.

Support Boat Crew

Family or authorized person can be on a support boat as a support crew.

Minor participants (< 20 years old) and the person who is first time island crossing are required to have a support crew.

We value support crews who (1) help participants before, during, and after the race and (2) agree with O2Y’s purpose “to diffuse importance of ocean-sports safety as well as to hope children’s healthy growth.”

On application form, a support crew needs to be listed. Participants who don’t have a support crew put all personal belongings in a water-proof bag and give to the organizer before the race.

On a support boat, a support crew is required to follow the ship captain’s instructions. A support boat keeps a certain distance from a paddler unless there is any emergency situation.

After arriving in the Yoron island, the organizer will take support crews to the finish area.

A participant allows to have one support crew. A support-crew fee is incurred. (The amount will be announced shortly.)

Any boats other than the permitted support boats are not allowed to use.

Family SUP Event

Sponsored by Yoron Island Boy Scouts “Yoron B&G Ocean Club,“ we will have a family SUP event on the following day of the O2Y race.

From 9AM to 12PM at Chabana Beach, where we have the O2Y award ceremony.

Together with O2Y athletes, support crews, and children of the Yoron island, we will have a paddle lecture for beginners and a fun family race.

We hope O2Y athletes will share your paddle technique and passion for ocean-crossing race with local kids.

Live Broadcasting, Media Interview, and Social Media

Please know this event is held based on huge supports of local governments and media. Please accept media interviews as much as possible.

We are preparing for the race broadcasting whether if it is live or recording. Drone cameras may fly during the O2Y race. We do our best not to disturb your race. The race movie will be published afterwards.

We have official cameramen, and copyright of all pictures belongs to the O2Y organizer.

If you share the race pictures or videos on your social media, please tag #O2Y and/or #KanakaOkinawa and help promoting the event.

 

おねがい


O2Yは約30kmの島と島を人力で渡る海峡縦断パドルレースです。気象条件によってレースの決行判断をする”ウェイティング方式”を取り入れ、なるだけ安全に、楽しく、ダイナミックな海域でレースを開催します。レース本番はもちろん当日までのトレーニング期間においても安全管理に十分な注意を払い、万が一体調や装備に異常が生じた場合、トレーニングを即中止し安全確保に努めてください。また外洋の危険生物や海峡縦断の様々なリスクを理解した上で、自らの意志によりトレーニングへ出ること。そして本大会に参加してください。海峡縦断(横断)は前後の準備と後片付けに特に時間がかかる他に例のない特殊なレースイベントのため早い段階で選手を選考し、本番に向けた道具準備、トレーニングへ取りかかっていただきます。コロナ禍のなか、現在実行委員会一同イベント成功に向けて死力を尽くし、伴走船とのシュミレーション訓練を繰り返していますが、常に安全を最優先し諸ルールの変更が今後予想されます。ルール変更の際は随時こちらのHPにて最新情報をお知らせします。

Lastly, for your safety,

O2Y is a 30km ocean-crossing paddle race. To make the race safe, fun, and exciting, we set a waiting period to choose the best race day up on weather condition.

Through this race, we hope to diffuse the ocean-crossing paddle culture in Japan as well as children’s healthy and strong growth. We want all selected participants will be safe at the race as well as during your daily training. If there is any dangers or unusual condition, please stop your race/training and stay safe. Also, please train yourself and join the race after understanding all risks and solely with your voluntary judgement.

Because an ocean-crossing race is such a unique sport which requires long preparation, we select all participants and ask you to start training as soon as possible.

Under the pandemic in 2021, all the O2Y organizers do their best for the successful race. We continue the race simulation with supporting boats and may need to change some rules before the race. 

Please check our website for updated information. https://www.kanakaokinawa.org/

If you are passionate to ocean-crossing race and want to apply for the O2Y race, please contact us. We will send an official contract and application form to you.


 

 

------------------------------------------------------------- 

 

 

日本初の海峡縦断パドルレースへ、やる気と情熱を持って参加意志がある方は下記から直接お問い合わせください。

 

O2Y参加意志表明された方に対し「選手要項」と「申込用紙」を送付し選手選考を開始いたします。 

 

 

『 選手要項 』

  • 安全規定の詳細について。
  • 申し込み、タイムトライアルの具体的手順について。
  • オリエンテーション、レース当日について。
  • 機材運搬・宿泊・移動、ほか。 

------------------------------------------------------------- 

 

 

日本初の海峡縦断パドルレースへ、趣旨に賛同していただける方々からの寄付を募っております。

 

集まった資金はレース上位入賞者に配る賞金や、運営費に使わせていただきます。

 

どうか、ご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

 

O2Y実行委員長 荒木汰久治

 

----------------------------- 

 

お申し込み情報をご連絡ください。

 

一口5万円 * (   )口 =        円

 

 氏名:                

住所:                

連絡先:                 


出場選手一覧へ
出場選手一覧へ
2021リザルトページへ
2021リザルトページへ