KEEP PADDLING PROJECT -第2章-

2018/12/15 240km海峡縦断、家族の大冒険成功!!

写真:川畑公平 / 撮影協力:kanaka沖縄

SNSムービー一覧

 実際に航海中に撮影、公開したドキュメント集です。







-EXPEDITION-

奄美ー沖縄240km Foil&SUP island hopping

はじめに、

お陰様で、今年2018年にスタートしたKEEP PADDLING PROJECT、第一章、ハワイで開催されたマウイーモロカイ45km海峡横断レースへの12才の珠里は史上最年少で無事完漕に成功。その二週間後にはアメリカ本土コロンビア州で開催されたNaish Columbia Gorge Paddle Challenge世界選手権に出場し12-14才子供部門で優勝することができました。
年始から夏休みまで約半年間、休みなく酷使した体を休めるため、この秋2ヶ月間はリラックスし海遊びしながら再びエネルギーを蓄えました。外洋の波も久々のリーフサーフィンも、この秋は本当に良い波に恵まれとても充実した日々でした。また大型の台風24、25号と二度の緊急事態で周囲に被害も出るなか、必死に自宅を守りました。一週間の停電は不便でしたが、改めて海と暮らすということに対して覚悟の気持ちが持てるよい機会となりました。

 

「海を楽しむ=海楽」

 

と我々は良く口にします。ネットやゲーム、テレビドラマなど、世の中には楽なこと、楽しいことが満載ですから楽しみ方は人ぞれぞれ自由です。世間一般の”楽しみ”とはストレス解消の事かもしれません。

僕ら一家にとっての楽しみとは、当然囲まれた部屋の中でゲームに打ち込むことではありませんが、ただ漕ぐ、レースに出ることだけでもないのです。一つの目標に向かって、心底から真剣に直向きな努力を重ねる。その先に、それまでできなかったことが少しづつできるようになって、怖くて仕方なかった海が渡れるようになる。そんな達成感が僕ら親子の楽しみであり、喜びです。

BLADE(枻出版)'18/10/12



家族の挑戦

”競技の海”から”冒険の海”へ、

将来モロカイチャレンジ、そしてオリンピックの頂点という偉大な夢を追う私たちがいつも大切にしていること。それは常に視野を広く、片方だけでなく様々な角度から物事を見る力を養うこと。そして、時に美しく、時に恐怖である地球環境へ崇高な想いで日々を暮らすという事。海の深さと怖さを知り畏敬の念を持ち備えてこそ、はじめて到達目標が見えてくると思っております。

5才でパドルを握った珠里は小学1年から国内SUPレース、4年生からは海外レースを転戦しこの5年間、スポーツと学業のかなり忙しい生活をおくってきました。光栄なことに世界最年少チャンピオンとして海外レースで『Shrimpy!!』とニックネームを呼んでくれる人たちも増え、平水も外洋もそれなりのスピードで競えるようになりました。サメに遭遇したり、幾度となく危険と向き合ってきましたので外洋の厳しさや楽しさは相当理解が深まりました。
しかし、まだまだ小学生。ランドセルを背負えば普通の子供と何も変わりません。海と陸が繋がっているということを肌で感じる機会は殆ど無く、そんな今だからこそ、このまま大人になる前に自分たちが暮らす島にどんな山が連なり、その上にはどんな雲がかかっているか?そして雲の後ろにどんな星が見えるのか?海と島、空と宇宙の繋がりをもっと感じてほしいと思います。

6年後、パリオリンピックの正式種目となるであろうと言われているSUP競技。これから本格的にプロアスリートを目指すにしても、もしくは進学するにしても、本物の海人になるために今やるべき事。それは観客やスポンサーバナー、様々な人工物に囲まれた海から、一切仕切りのない無限の海へ漕ぎ出すこと。全て野生のルールで裁かれるリアルな海へ出ることで、珠里本人そして私たち一家が追いかける夢を、これまでとは違う視点からあらためて見つめ直そうと考えました。

このような背景でKEEP PADDLINGプロジェクトは第1章M2M海峡横断(レース)から、第2章EXPEDITION(冒険)へと突入します。長年の海仲間が暮らす奄美大島の加計呂麻から、私たちの自宅がある沖縄県名護市安部まで240kmの海を、父と息子一緒に島から島へ、人力で海を渡ります。(アイランドホッピング)並走する伴走船に妻と1&5才の二人の妹たちも乗り冒険をサポートします。もちろん、父と一緒とはいえ小学生が240kmの海域を横断した事も縦断した事も、まだ前例のない大冒険です。

 

この時期の南西諸島は北寄りの風が吹き、海は極上のダウンウインドコンディションになります。島々の間は約20-30km、風向きは微妙に変化するので、天候と体力のバランスが成功の鍵となるでしょう。そして島での滞在はキャンプ生活です。南の島とはいえ冬ですから夜は冷えます、防寒対策も必須です。日頃の練習の成果を発揮してダイナミックな外洋サーフィンができるよう、心の底から冒険を楽しみ、安全第一で渡りたいと思います。

 

今回のExpeditionにはハワイの海峡横断レースに使用した14ft.SUP(スタンドアップパドルボード)に加え、新たにフォイルボードを使います。フォイルはボードの裏面に装着した飛行機型のフォイルで水面上に浮上し進むという、とてもユニークでスタイリッシュな近年では最新のオーシャンスポーツです。原理は飛行機の翼と同じで、浮上すると水の抵抗が減り通常のSUPより圧倒的な速度で海面移動します。冒険では、随時気象条件にあわせながらSUPとフォイルを使い分け、より安全に、そして迅速な列島縦断に努めます。

 

いつものことですが、僕らが挑戦する海は全てのリスクを受け入れるべき、正真正銘の底が見えない、いつどんな魚が出てくるかわからない深海です。2011年、普段トレーニングする僕らの海で起きた外洋パドラーの悲しい漂流事故はもう二度と起こしたくない。そう強く念じながらずっと漕ぎ続け、沖縄〜九州の海を何度も渡ってきました。食料すべて持ち、伴走船無しに渡るときもありました。

今回は決して父と息子二人だけの冒険ではありません。妻と娘たちもありのままの海と向き合い、楽しみ、感動、不安、恐怖、全てを共有しますし、この挑戦をフォローしていただける全ての人が安全に、そして楽しい外洋パドルスポーツをこれから日本に普及していく人たちだと、そう願っています。

 

そして今回のExpeditionには食料やキャンプ装備を運んでくれる伴走船の存在は欠かせません。船長は父・汰久治の長年の友であり、荒木家が尊敬するウォーターマン・谷龍一郎氏が担当します。二人は2011年夏、沖縄〜奄美をインフレータブルSUPで単独北上、その翌2012年冬には奄美から沖縄までインフレータブルSUPで単独南下に成功した経歴があります。巻末ドキュメントをご覧いただければお分かりの通り、谷船長と荒木親子がそれぞれ長年培ってきた経験を共有し、互いが固い信頼関係で繋がっているからこそ、このような大冒険が実現できるのです。

最終レグ"Y2O"は仲間たちが合流

また最終区間、"Y2O"与論島ー沖縄本島30kmは、他パドラーたちも合流し複数リレー方式で海を渡る"Y2O"を実施予定です。(あくまで天候次第なので詳細は公表を控えさせていただきます。)30kmといえど相当広い海域。並大抵のパドラーでも音を上げる外洋です。参加者は台風接近で開催さえ危ぶまれた今年のサマーレースを見事完漕した精鋭たち、広い海に思いを馳せるKANAKA(=海を渡る勇士)仲間です。

 

「再び全国からKANAKAたちが島に集結し、全員で大海原を渡る。」

 

非日常を共有する素晴らしい機会になることでしょう。


EXPEDITIONを通して、

「海人としての子育て。」

私たちはより本質的な海暮らしを追求しながら子育てをしています。技術スキルや体力だけが優先することなく、心を鍛え、大自然の中で広い視野を持てる人間になってほしいと常々願っています。

 

視野を広く持てば持つほど、人間中心で地球資源への依存型社会がよく見えてきます。海(地球)と共存、共生することが大変難しいこの世の中に憤りを感じるかもしれません。それが嫌で見たくない現実に目を伏せる、それも人の生き方です。2年前、私たちの暮らす海に、突如空から降ってきた米軍戦闘機オスプレイ墜落事故から時間が経ち、平穏な暮らしに戻ったように見えますが、嘘のようなあの悪夢を忘れてしまうのは大変な間違いです。人災も天災も決して風化させず、次また同じことが起きた時にはどうするか?起きないようにはどうすべきか?予測と対策を忘れてはいけません。私達の側では海を埋め立て米軍基地を拡張する滑走路計画が進んでいます。これに反対する方も当然います。

我々はこれ以上海や人の暮らしにストレスをかけて欲しくないと心から願いながら、珊瑚や岩の隙間に挟まった細かい破片を手作業で拾い集めた経験を今も大切に仲間たちへ語り継いでいます。近年、みなさんもご存知の通り、海洋のプラスチックごみ汚染の現状と生態系への影響は計り知れません。我々が暮らす海もまた漂流ゴミが後を絶ちません。オスプレイの破片も我々が完全に除去したわけでもなく、見えない細かなファイバー繊維は今も大量に海に流れています。

 

「この美しい海を次の世代に残したい。」

 

私たちは島々を南下しながら南西諸島の海辺を観察し、地元の方とも交流しながら南下していきます。そして、多くの方々に沖縄はじめ島々の海を取り巻く現状に目を向けてもらいたいと思います。 

 

どんな海に直面し、苦労を乗り越えていくのか?水平線の先に何が見えるのか?

底が見えない外洋ですから、当然様々なリスクも背負います。陸も海も予想困難のハプニングは当然あるでしょう。

 

100%安心・安全の世界など、この世にありません。「人と地球が共生する」とはそういう場所だと思います。

 

地球へダメージが極力少ない、海を汚さない。SUP/フォイルというパドルスポーツで人力縦断するEXPEDITIONは、人と地球が平等で対等な関係。僕ら夫婦、そして親子が互いに自立し支え合う形もまた本当の意味での平等です。

 

我々の目の前に広がる海は、世界と繋がる入口。勇気を出して漕ぎ出せばどれだけでも夢は広がり、仲間と繋がることができる。

 

家族全員でこれまで気付かなかった現実と、それを超越した美しい景色を見てきます。

 

いつも僕らを見守ってくれる我々の祖先へ心より深謝します。

 

Keep paddling.

 

荒木汰久治、園子、珠里、夏南風、ティアレ 



前回の様子

↓ 2011-12年に父・汰久治が単独で挑戦した奄美ー沖縄Expeditionです。

supported by


 「  準備9割、航海1割 。」

 

 

 

 

 

 

長文お付き合いありがとうございました。