O2Y中止・代替え案のお知らせ(COVID-19に関して)

この度の社会情勢の中で、これまで真剣に検討を重ねてきた結果、今年度のO2Y(レース)はCOVID-19感染拡大防止を目的に開催中止と決断しました。我が国において唯一の海峡横断レースを楽しみに申込まれた選手に対しましては、開催中止となりまして深くお詫び申し上げます。そして皆様のご理解に感謝いたします。是非来期こそはO2Yレース実現を楽しみにしていただけたら光栄です。 

過去のexpeditionの様子
過去のexpeditionの様子

レース中止の発表と同時に、COVID-19感染拡大防止を最大に考慮した上でここに代替え案をお知らせいたします。

 

昨年同様に、海峡横断に関わる人数を徹底的に削減し、私たち一家と他数名のみで沖縄本島から与論までの大海原を渡るO2Y/EXPEDITIONを実施します。(これはレースではありませんのでタイム計測はしません)

winterレース完走者の中から既にO2Y参加申込みを受理された選手の中で、代替え案へ参加意志がある方は2020年4月5日(日)までに事務局までご相談ください。諸々の調整にとても時間がかかるチャレンジです。意思表示はなるだけ早くいただけたら助かります。どうぞ宜しくお願いいたします。



 

【O2Y/EXPEDITION・コロナウィルス他リスク対策】

・必要最小限での船団を組みますので伴走船長他、選手サポートスタッフ/見学者は全てお断りさせていただきます。

・アタック後、与論島での滞在期間は1日、テント持参でキャンプします。翌朝には全員沖縄へ戻ります。

・海峡横断は広大な外洋を少人数で渡るため、感染拡大の可能性はほぼありません。ただし海洋生物(サメ・鯨)との遭遇など命に関わるリスクは当然ありますのでその点は十分にご理解お願いいたします。

 


O2Y

2020年6月27-28日 *コロナの状況によって変更あり

 

沖縄本島〜与論島約30kmの海峡縦断レース。梅雨明けになると琉球列島に吹く夏至南風(カーチーバイ)に乗って海峡を滑走します。今期から選手一名につき一隻の伴走船を手配、タイムトライアル/レース形式で縦断。

 

 

日時:2020年6月27-28日(土日のいずれか)

場所:沖縄本島ー与論島

参加上限:20名

部門:SUPソロ/リレー、SUPfoilソロ/リレー(4部門)

 

 

※ ベストコンディションを狙い数日の”風待ち”が必須、近い将来、国際レースへと発展させていく計画です。

 

【参加条件】

 

KANAKAウインター2020(下記)を経験し、完漕すること。 

・または、周囲に陸が見えない海に囲まれた”外洋”で、波高2M以上の海域をDWで渡れる心・技・体が証明できること。

  


KANAKA winter "15k DoubleHeader DW race"

2020年2月14-15-16日、O2Yのメンバー選考を兼ねて、本格的な冬の荒波で沖縄本島沿岸DWレースを開催しました。

←結果はクリック